企業名:アドビ株式会社
ダウンロードURL:https://engage.marketo.com/10-reasons-to-consider-marketing-automation-jp.html

マーケティングや営業企画をご担当であれば、急激にオンライン、デジタルへと変化する環境の中で、新たなやり方でリードを獲得し、一刻も早く成約を増やさなければならない、という重圧を感じていらっしゃるのではないでしょうか。
1つの施策が終わればまた次の施策が待っていて、どんどんタスクが積み重なっていく。営業部門からは検討度合いの高い見込み顧客を渡してほしいとリクエストされ、経営層からは投資対効果(ROI)を証明するように求められる。業務が積み重なることで施策の精度が落ちていく。こんな負のスパイラルが往々にして発生します。

MA(マーケティングオートメーション)を活用することで施策を自動化し、またデータを蓄積し分析することで、これらの活動の効率化が可能です。その結果、マーケティング業務の質と量を向上させることで成果に貢献します。

MAが役に立つ3つの分野
まずは、見込み顧客の獲得から成約に至る収益プロセスを設計することが、マーケティングの各施策を最適化、合理化するためには重要です。その上で、MAを活用することで、大きく分けて3つの分野で効果を発揮します。
その分野は、「リードを引きつける」「エンゲージして関係を築く」「成約する」と言い表すことができます。

それでは具体的には、何故MAの活用が必要で、そして現在ここまで注目を集めているのでしょうか。
是非、この「マーケティングオートメーションを導入する10の理由」をダウンロードし、理解してください。